So-net無料ブログ作成

AMX-111 クヴァウク (HGマンロディ改造) [模型(ガンプラ中心)]

今年で40と不惑の年齢を迎えるヲレ氏、一大決心

「ガンダム好きなんですよね?
って聞かれたら「いいえ」って即答するわ

いや経験上大体ロクな手合いが居ないのよ・・・

代わりに「プラモが好きです」って付け加えてまだ食いつく人が居たら仲良くしたいなっと

好きというには嗜好が広すぎると思うんだ
うわぁ超くだらねぇ不惑の決意www
 ぽ村 です

今回はオルフェンズに出てきたマンロディ改造のジオン系水陸両用MSクヴァウクをご紹介
制作は16年5~6月

脳内設定
UC0088
ハマーン・カーンのネオジオンが地球に降下した折、継戦をしていた旧ジオン軍残党地上部隊へ最新のMSを大量に供与した。
その中には新型の水陸両用MSが含まれ、精強な旧ジオン系潜水艦部隊に配備されたといわれている。

「AMX-109カプール」はゴッグタイプのMSの発展系として投入されていたが、この「AMX-111クヴァウク」は水陸両用というより「深海用MS」としてその戦法を含めて異彩を放っていた。

通常MSの限界潜水深度が500~700mの中、倍以上の1500~2000mの潜水性能を誇り、深海からワイヤーを敵艦船・敵MSに絡めて大推力ブースターで一気に深海へ引き込み圧壊を狙うという戦法は有史以来前例がなく、その姿を見せない静かな攻撃はテロや隠密作戦に非常に有効であるとされた。

配備された後、連邦側にはその姿さえ見たことが無い期間が長くあったが、UC0093、いわゆるシャアの叛乱の折、地上から脱出するジオン残党軍が廃棄した潜水艦の中から数機が発見された。

そのカエルを思わせるユニークな形状から「クヴァウク(ドイツ語でカエルの鳴き語。日本風に言うとケロケロなんだろうか?)」と呼ばれていたこの機体はその後も地球連邦海軍を悩ませ続け、「深海を艦船航路としない」新たな航路を設定するほどであったという。


・・・ああ?
旧ジオン残党潜水艦部隊は連邦軍から支援を受けていたよって?(ジョニーライデンの帰還より)
夢壊すんじゃねぇよ糞がぁ!


と、オフィシャルじゃないことを祈りつつ一枚目
1837.JPG
やっほおおおおおおおお!

クヴァウクぜんぶー


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。